JFC BLOGJFC BLOG

ジュニアチーム2021/01/12

U11TRMvs横浜すみれSC

【ジュニアチーム10期生 U11】
2021.1.11.mon @jfutsal.club

TRM vs横浜すみれSC

3連休の締めくくりは横浜すみれさんと。プレースピード、フィジカル、どれを取っても素晴らしい相手との対戦。

こちらでは練習試合の詳細を少しだけ書いていきます!

フィールドプレーヤーを3チームに分けて試合を実施しました。

チーム①

0-2/2-0/1-3

相良、奥条の安定した尚且つ多彩なビルドアップ。待木のポストプレー、鳥海、沢口へのスペースのランニング、中盤で後方からボールを引き出し、前線へは3人目での絡みを見せた鷹野。個人の特徴を生かした攻撃ができていました!自分たちがボールを保持できるからこそ、相手のカウンターを受ける機会も多く、ボールの失い方や攻→守の切り替えでカウンターの芽を摘むことがこれからの課題!

チーム②

0-2/0-1/4-3

ポストプレーに長けた原と推進力ある大盛の二人に合わせた鈴木、萩森の配球。FWが押し込むからこそ空くライン間の間を自分のものとできていた小林幹、守備時の危機察知能力の高さを見せた大川。

3本目は得点しては追いつかれる展開でしたが、最後は大盛のハットトリックとなる3点目でシーソゲームを制す。最後まで粘り強く闘う姿は最高でした!

チーム③

2-2/1-0/2-1

この日3チームの中で最も攻守において安定した試合運びを見せてくれました!

対人の強さを見せてくれた井原、長短のキックでチャンスを演出した須藤、攻守に渡って走り続けた西川、この日は守備で最高のパフォーマンス発揮した小林海、5年生相手にも臆することなく良さを発揮した4年生コンビの中村と田中。

サイドチェンジからのスピードアップ、プレッシングに対しては1列飛ばすパス、ライン間が空いてれば中盤を経由等々、相手に対して柔軟に対応してプレーができていました!

時間にして90分。プロの試合と変わらない時間でしたが集中力を切らさずに、再三のシュートを防ぎ続け、ビルドアップへも積極的に関わった内田!

3チームとも攻撃時は1−2−3−1、守備時は1−4−2と変化する相手に最初は戸惑うものの、試合を通じて対応をしてくれたと思います。

その変化にどのくらいのスピードで対応できるか?が公式戦では試されます。

1プレー、5分、ハーフタイム、試合が終わってから、、

トーナメントとなれば負けてしまえば大会は終わりです。その1試合のためにどれだけの準備、どれだけ全集中して挑めるか!

高い山を目指して、それに見合った努力を継続していきましょう!

継続が力なり!

お越し頂きました横浜すみれSC様、ありがとうございました!

#神奈川県
#横浜市
#神奈川サッカー
#横浜サッカー
#少年サッカー
#ジュニアサッカー
#小学生
#アスリート
#ジュニアアスリート
#サッカークラブ
#極寒
#fighttowin
#横浜すみれsc
#jfcfuturo

pagetop